2022.05.17

中村 泰彦

■略歴
青山学院大学卒業後、金融機関系の不動産会社に勤務。オフィスビルの企画開発・営業管理業務に携わる。
1991年に同社を退職した後、アメリカにて不動産投資コンサルティングを行う。1997年に帰国、不動産の仲介・管理業務を行う一方で飲食店も経営する。2000年に入会した青年会議所にて成人学習のトレーナー技術や コーチングなどを学び翌年より講師活動を開始。国際青年会議所の褒章で世界優秀 トレーナーを受賞した2005年にワイ・エー・エスを設立。2007年から2009年にかけてNGOからの依頼により武士道をベースにしたリーダーシッププログラムを世界13か国で実施、好評を博す。
2007年からは思考と行動特性のプロファイリングツール『エマジェネティックス』(EG)のアソシエイト認定を受け、日本導入プロジェクトに参画。2010年に世界で6番目、日本人としては初のマスターアソシエイトとしてEGインターナショナルより認定される。
また2014年からはMQ戦略ゲーム(MG)を学び始める。これまでに行ってきた様々な研修を体系化し、シミュレーションする場、さらに可能性を開花させる全人開発の場としてのMGの可能性に着眼し、自らの学びを重ねている。2018年からはインストラクターとしての活動を開始、これまでの十数年に渡る講師経験を活かした分かりやすく、 楽しい学びの場が好評を得ている。
現在は、各種企業研修を中心に年間100件以上の研修に出講する一方、ビジョン構築コンサルティング、組織強化コンサルティング、人材育成内製化支援、講師育成などに取り組んでいる。自身の経営者としての経験、グローバル企業から中小企業まで規模や職種の偏りがない研修とコンサルティングの経験に基づき、カリキュラムに囚われずに様々な引き出しから提供される「問い」と「解」で研修の場において実際の ビジネス課題の解決に取り組むことを基本姿勢としている